【イベント】第10回院内勉強会「緊急避妊薬の薬局試験販売の課題と展望を考える」開催

〜誰一人取り残さない SRHR実現のために〜
緊急避妊薬の薬局試験販売の課題と展望を考える

2023年11月末より緊急避妊薬の薬局試験販売が全国で始まりました。政府はすでに2000件以上の利用があったと発表しましたが、データが不十分であるとして、2025年3月末までの延長を決めました。しかし政府調査では試験運用で薬局にたどり着けた人にしかリーチできません。そこで今回、緊急避妊薬を薬局試験販売で購入された方、試みたができなかった方へのアンケート調査を行い、68名から回答を得ました。今回の院内勉強会では、5月28日が「女性の健康のためのアクション」国際デーであることにちなみ、市民団体や専門家から緊急避妊薬をめぐる現状の共有、調査の結果報告、WHOの最新の文書報告等を通し、「誰も取り残さない」SRHR(性と生殖に関する健康と権利)実現に向け、私たちにできることを考えます。

【開催概要・プログラム】

1.オープニング・参加議員からのご挨拶・関係省庁からの報告(予定)
2.講演(敬称略)
■NPO法人ピルコン 染矢 明日香「緊急避妊薬の適切で安心・安全なアクセスの実現に向けて~これまでの経緯と試験的運用~」
■#なんでないのプロジェクト 福田 和子「緊急避妊薬 薬局試験販売で購入できた方10人 試みたが購入できなかった方58人 アンケート調査結果」
■明治大学文学部教授 平山満紀「Family Planning 2022年版を和訳して」
3.リレートーク 緊急避妊薬OTC化に向けた若者や支援者からのメッセージ
4. 質疑応答・クロージング

【詳細】

■日時:2024年6月10日(月)17時~19時(16時半開場)
■会場:衆議院第一議員会館 1F 多目的ホール
※オンライン同時開催、後日適宜編集の上YouTubeにて公開予定です
■対象:国会議員、メディア、ご関心のある方
■お申し込み:こちらのフォームより事前申込制(6/9〆切)
■定員:会場80名、Zoom参加500名(先着順)
※Zoomでご参加の方には当日までにURLをお送りします
■主催:緊急避妊薬の薬局での入手を実現する市民プロジェクト

アフターピル(緊急避妊薬)を必要とするすべての女性に届けたい!署名キャンペーン中!

若者・当事者の立場から、アフターピルのアクセス改善を求める署名活動を行っています。2024年5月現在、約18万筆が集まっています。

▼オンライン署名サイトHP:
https://www.change.org/afterpill

 

プレスリリースはこちら