政策提言

声明・要望書発表

2020年10月27日、新型コロナウイルスの影響をふまえ、緊急避妊薬へのアクセス改善を求める要望書とオンライン署名(10万7千筆超)を厚生労働省に提出!


※本要望書は賛同団体が追加され、2021年10月に再度厚生労働省に再度提出を行っております。
最新の要望書全文はこちらから→



国際機関等より頂いたお手紙

緊急避妊のための国際コンソーシアム(ICEC) のAmy Boldosser-Boesch氏
並びに欧州緊急避妊コンソーシアム(ECEC)のChristina Puig氏 連名
【英文】JAPAN Letter to JSOG  JAOG Aug 2020_ICEC_ECEC
【和訳版】ICEC_ECEC letter和訳

英国・性と生殖に関するヘルスケア(FSRH)国際委員会委員長Nicky Morgan博士
【英文】letter in support of improved access to EC in Japan_FSRH
【和訳版】FSRH letter和訳

本要望書の賛同団体

65団体からご賛同をいただきました!(50音順)

【本要望書の賛同団体(50 音順)】

一般財団法人 アジア・太平洋人権情報センター (ヒューライツ大阪)
一般社団法人 神奈川県女性薬剤師会
一般社団法人 性と健康を考える女性専門家の会
一般社団法人 ちゃぶ台返し女子アクション
一般社団法人 にじいろドクターズ
一般社団法人 日本家族計画協会(JFPA)
一般社団法人 日本女性薬局経営者の会
一般社団法人 保険薬局経営者連合会
一般社団法人 ホワイトリボンキャンペーン・ジャパン
一般社団法人 若草プロジェクト
一般社団法人 SDGs 市民社会ネットワーク 一般社団法人 Spring
一般財団法人 日本女性財団
認定 NPO 法人 エンパワメントかながわ
認定 NPO 法人 カタリバ
認定 NPO 法人 しんぐるまざあず・ふぉーらむ
認定 NPO 法人 チャイルドファーストジャパン 認定 NPO 法人 フローレンス
認定 NPO 法人 D×P
認定 NPO 法人 Women’s Action Network
国際家族計画連盟(IPPF)
公益財団法人 ジョイセフ(JOICFP)
公益財団法人 プラン・インターナショナル・ジャパン
NPO 法人 移住者と連帯する全国ネットワーク 女性プロジェクト
NPO 法人 しあわせなみだ
NPO 法人 女性医療ネットワーク
NPO 法人 人身取引被害者サポートセンター ライトハウス
NPO 法人 性暴力救援センター・東京(SARC 東京)
NPO 法人 全国女性シェルターネット
NPO 法人 全国デート DV 防止全国ネットワーク
NPO 法人 ピッコラーレ
NPO 法人 ピルコン
NPO 法人 マドレボニータ
NPO 法人 レジリエンス
NPO 法人 レスキューハブ
NPO 法人 BOND プロジェクト
地域福祉ユニオン東京 リーブラ支部


計 37 団体


【本要望書の賛同ユース団体※(50 音順)】(※)大学生や U30 が中心となって活動している団体

一般社団法人 関西薬学生団体 palette
一般社団法人 Fair
一般社団法人 Voice Up Japan
一般社団法人 Waffle
クラセラ
性教育学生団体 Palette
性教育サークル「かふ」
福島大学 にじいろサークル
CSES@性教育普及委員会
GENESIS
Japan Youth Platform for Sustainability
Links-mil
Medical Student for Choice 
NO LIMIT 旭川
ちっぷす@東海
津田塾大学 Soleil
都留文科大学 性教育サークル Sexology
東北大学 AROW
東洋大学 DAISY
苗ぷろ。
日本理学療法学生協会(JPTSA)
Safe Campus
SAYNO!#留学セクハラ
Voice Up Japan ICU 支部
#SEO セックス 検索上位に信頼できる性知識サイトを!
#男女共同参画ってなんですか
#なんでないのプロジェクト
#みんなの生理

計 28 団体

合計 65 団体

スイッチOTC化要望申請

2021年5月28日に、医療用医薬品から要指導・一般用医薬品へ新たに転用が望まれる成分として、緊急避妊薬のスイッチOTC医薬品としての要望申請を厚生労働省に提出致しました。

スイッチOTC化要望申請書はこちらから→

署名活動

オンライン署名キャンペーン実施中

アフターピルを必要とするすべての女性に届けたい!
10万件以上を目標に皆さんからの署名を集め、厚生労働省、関係各所に提出する予定です。
ぜひご賛同・拡散のご協力をお願いします。

署名はこちらから →

署名活動

署名キャンペーンの呼びかけ人

NPO法人 ピルコン 理事長 染矢明日香(発起人)
#なんでないのプロジェクト 代表 福田和子

署名キャンペーンの提出先

厚生労働大臣、内閣府特命担当大臣(男女共同参画担当)、日本産婦人科医会会長、日本産科婦人科学会会長、日本薬剤師会会長、日本チェーンドラックストア協会会長、日本保険薬局協会会長、日本医師会(郵送)

署名キャンペーンの要望

  • アフターピルをOTC化してください。また、諸外国との価格差をなくしてください。
  • 文部科学省と連携し、避妊やピルについてしっかりした知識をつける性教育を充実させてください。義務教育である中学校までの教育で取り上げるべきです。
  • ネット通販業者がアフターピルやピルを売っている状況は危険です。経過的措置として、オンライン診療でのアフターピル、ピル処方は安全性を担保できるものであり、アフターピル希望時の初診の際に対面での診療を必要しないことを明確化してください。

本キャンペーンで求める「OTC化」は、緊急避妊を求める女性が、薬局の薬剤師の対面販売を通して購入できるようにするというものです。