【お知らせ】薬局での適切な運用のためのウェブアンケートにご協力をお願い致します。

政府では現在、緊急避妊薬(通称アフターピル)の薬局販売の検討を始めていますが、どのような提供形態になるかはまだ決まっていません。
女性の安心、安全を守った適切な運用が実現されるよう、皆さんの声を聞かせてください。
是非ご協力お願いいたします。

ウェブアンケートはこちらから

【目的】
緊急避妊薬に対する世論、また、緊急避妊薬の処方、受診時の現状と当事者のニーズを調査するため。

【対象】
どなたでもご回答いただけます。
・第1セクションは全ての方向け(Q1-1.~Q1-12)
・第2セクションはここ10年以内に対面診療で日本で緊急避妊薬を入手された方向け(Q2-1.~Q2-17)
・第3セクションはオンライン診療で日本で緊急避妊薬を入手された方向け(Q3-1.~Q3-18)
の質問項目です。
(第2.3セクションには性被害に関する質問項目もありますので、フラッシュバックなどの心配がある方は、ご自身の体調を第一に回答をご検討ください。)

【概要】
実施期間:2020年12月4日-12月20日23:59(状況によって延長する可能性があります)
実施者:#なんでないの プロジェクト、 NPO法人ピルコン
お問い合わせ先: nandenainohinin@gmail.com
回答に関しましては、個人情報が分からない形でエピソードを紹介させていただく場合がございます。予めご了承ください。

※緊急避妊薬とは
妊娠の可能性がある性行為から、女性が72時間以内に服用することで、高い確率で妊娠を防げる薬のことを指します。海外では、約90か国で処方箋の必要なしに薬局で入手できますが、現時点で日本では、対面診療またはオンライン診療による医師の診察と処方箋が必要です。